お部屋の雰囲気はカーテンで決まる?選び方を3つ紹介

カーテンの色選びは重要

初めての1人暮らしや結婚など、新居で生活する事もあるでしょう。新しい部屋はインテリアにもこだわりたいという人も多いですよね。カーテンもお部屋のインテリアには欠かす事の出来ないアイテムです。そのため失敗なく選びたいですよね。選ぶポイントですが、お部屋でリラックスしたいのであればベージュや茶、ブルーなどの落ち着いた色を選ぶと良いでしょう。明るい部屋にしたいのであれば、オレンジや黄色などがおすすめです。

カーテンは寸法が大切

カーテンを選ぶ際に、間違えてはいけないのが寸法ですよね。アバウトに測って購入してしまうと、長くて床についてしまったり、また短いと見えてしまう事もあります。長すぎたら自分で縫うなどの方法もありますが、短いと対応できなくなりますよね。そのため、寸法はしっかりと測りましょう。カーテンの測り方は、幅はカーテンレールの幅、高さはランナーから床上1センチほどの長さを測ります。窓の場合には、窓枠から下に15cmほど長いのがベストです。

お部屋の用途に合わせて選ぶ

どのような部屋にも、必ずと言っていいほど窓がありますよね。窓にはカーテンが必要ですが、選ぶ際には、厚さや光をどの程度通すのかもとても重要です。例えば、寝室に光を通すタイプのカーテンを設置してしまうと、朝まぶしてく寝ていられないですよね。また、外から透けて見えてしまうのも怖いでしょう。寝室には遮光カーテンを用いる人も多いのですよ。このように、部屋の用途に合わせて選ぶことも大切です。色、寸法、用途を考えて選んでみましょう。

ひもカーテンはとても使いです。カーテンを開かないでも、すぐに間から見たりできるからです。開けることも出来ます。