仕事を効率的に行いたい!生産性を上げるためのポイント

一日の流れを把握する

毎日仕事を行っていると、もっと効率的に進めることが出来るのではないかと感じることは少なくありません。一つ目の効率化のポイントとして、朝に一日の仕事の流れを把握するということが挙げられます。何時ごろまでに、どこまで終わらせるのかということを考えるだけでも、十分に効率的に仕事を進めることが出来るようになるのです。途切れなくダラダラと仕事をするよりも、自分なりの時間の区切りを決めて仕事をしていく方が良いのです。

残業は避けるようにする

人間が集中できる時間の上限というのは決まっています。自分では集中しているつもりでも、ミスが多くなったり判断能力がにぶったりしてしまいます。そんな状態で仕事を続けていても、一向に良い結果は出てきません。ですので、人間の脳が最も活性化する朝からお昼にかけての時間帯に難しい仕事を集中させ、夕方には余り考えなくても良い仕事を配置し、残業は出来る限り避けるのが正解なのです。無駄に残業を続けていても、集中力が切れている時間帯ですので、良い結果はついてきません。

まわりとの連携プレーを充実させる

仕事を効率的に進めるためのポイントの一つに、まわりとの連携プレーの充実があります。自分一人で何かを完遂させることも大切ですが、まわりと連携することによって何倍もの速さで仕事が進む可能性もあるのです。仕事での連携が取れていないと、無駄なことを行ってしまう恐れもありますし、業務上の大切な連絡内容を見逃してしまうこともあります。仕事を円滑かつ効率的に進めるためには、人間関係も円滑にする必要があるのです。

業務の流れを図式化したワークフローは、その効率化に大きく寄与します。各部門の重要性が一目で理解出来るため、相互理解も深まります。