社員研修を成功に導くために事前とフォローの研修があります

現場視察の社員研修などは事前研修が効果的

工場や海外における視察研修などは、現場で研修を行う前に事前研修を行うと効果的です。初めての現場視察になると、どこを重点に見ればよいか分かりません。参加者が多ければ多いほど、見方がバラバラでは研修にならず、個人的な視察感想で終わってしまいます。研修は教育ですから、何を視察するのか、その順序もポイントになりますし、視点を外さないように導く必要があります。また、視察先に迷惑をかけないように、注意点も徹底しておく必要があるのです。

現場を視察し感動が薄れないために現場で行う研修

視察先でおこなう社員研修の特徴は、今、見たものの疑問や驚きを、参加者全員と共有することで効果が倍増します。知識だけでない、五感を使う研修は感動こそがポイントになります。知識研修と違い、参加者が素直に感動することで成長するキッカケを作りだします。子どもでも感動すると夢を追うようになり、継続する原動力になるからです。「自分もこのようなことをやってみたい」という喜びが現場視察の特徴です。このためには、その場で研修をおこなうことです。

研修を終えて会社に戻りフォロー研修

研修が終わり、その話はそれでお終いでは勿体ないことです。三日も経てば誰も話題にしなくなります。特に、感動した視察研修などは、会社に戻って日常の作業に追われると、現場で再現してみたいと思う意欲は萎んでしまいます。そこで、継続したテーマでフォローするための研修が必要になります。フォロー研修は一度だけでなく、二度三度と行うことも検討することです。感動した内容を自社でどのように再現できるかで、話し合う研修でも良いでしょう。

管理職研修とは、部下を率いる立場にある人が、その職務をより理解して、リーダーシップを発揮しながら、部下を指導できる上司となるため受講する研修です。有能で統率力もある理想的な人材となることを目指します。